ホーム > 旅行記 | 特集 > “温泉にたっぷり浸かったついでにコンクールで歌ってくるか”旅行記

“温泉にたっぷり浸かったついでにコンクールで歌ってくるか”旅行記

はじめに

平成15年の釧路でのコンクールの閉会式で次回開催地、室蘭合唱連盟の大橋理事長はおっしゃいました。

「近くには登別温泉もありますから」

その瞬間、トムヘット団員のターゲットは登別温泉にロックオン!!

…てなわけで今年もやっちゃいました、おバカなツアーを

平成16年10月2日(土)

9:30

(なぜか)千歳駅集合。自分はガソリン入れてたのでち~っとばかし遅れたのですが、さすがに皆さん時間には正確なようで…そんなわけで自分到着→即出発。チョットは休ませてよ~(><;)

11:30

室蘭駅到着、斎クンと合流。そして本格的観光のスタート。

街の割には駅、意外と小さいんですね

お昼時でおなかもすいてたので屋台村へ行くことに。

11:45

屋台村到着

何軒かの店の中から「やっぱ室蘭焼き鳥でしょう」ってことで、

こちらのお店に突入!

>小さなお店なのでわれわれ(10人)が入っただけで満員(というかわれわれも入りきれなかった)。後から来たお客さん、ホントにごめんなさい。ご主人によると「店始まって以来の人数」だそうで。

で、全員で焼き鳥丼を注文。と、店内のTVを見ると…

「うおおおおおおおおおおぉぉぉ!!!!」

一同、大興奮!なんてタイミングいいんでしょう。いやぁ、旅ののっけから幸先いいですな。

ところで、このTV、実はPCのモニターだったようです。で、これがつながっているPCってのが…

こちら。まさに「自作」です、はい。熱対策はカンペキですな(^^;)

そうこうしているうちに焼き鳥丼、完成。

室蘭では焼き鳥というと豚串のことをさすそうです。理由は…店内に書いてあったような気もしましたが、忘れちゃった(おい)。豚串3本とホタテのバター焼きと玉子がのってます。いっただっきま~す!

で、完食。おいしゅうございました。

気さくなご主人に別れを告げ次はどこに行こうかと考えていると道を挟んで向こう側に

水族館発見!が、ちよっとショ○イ?隣には

こんなんありました。1人1ゴンドラでいけますな、こりゃ。

ヒキで見るとこんな感じ。う~ん、申し訳ないが激しく後悔しそうなので入場は遠慮させてもらいましょ(^^;)

そんなわけで、下調べして「行きたい!」と思っていた白鳥サーキットへGO!

12:45

白鳥サーキット到着

ま、要するにカートやらゴーカートに乗れるところです(写真はゴーカート)。ってちゅうちゅうカー&しのカーいないじゃん

早速電話。

「すみません、まちがって白鳥大橋乗っちゃったんですよ~

「なぬ?」

「今、ちょうど橋の真ん中あたりです」

白鳥大橋の…

真ん中だとぉ!!ぶぁくぅぁやろぅ、スグにもどってきやがれ!!

カートマニア(?)な方々の本気の練習にビビリつつ(エンジン音からして違います、いや、マジで)待つこと10分…

おそいよ~(><)

気を取り直して第1回トムヘット杯カートレース開催です!

「ゴーカートとどう違うの?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、ゴーカートはだいたい時速20kmくらい。カートは40kmくらい出るそうです。おまけに地面すれすれで走るので体感速度はかなり速いです。しかも危険なのでヘルメット着用、というわけでかぶってみました。

このままコンビニに入店してはいけません

とりあえずみの&ちゅうちゅうのデモンストレーションです。絶対負けねー!!ってちゅうちゅうもう出発してるじゃん(><)。くっそ~追いついてやる~~。

1回につき3週します。半周ほどちゅうちゅうにハンデを与えてスタートした自分ですが、持ち前の怖いもの知らずっぷりを遺憾なく発揮し(ただ単にブレーキを使わなかった、というかブレーキあるって気づかなかった)あと一歩のところまでちゅうちゅうを追い詰めたのですが抜かすことはできませんでした。

第2レースは槇クンvs斎クンです。と、ここで先ほどの「大人気ないマニアの方々」が乱入!われわれよりも5度以上高いエンジン音を響かせて後方から接近、

そりゃ、あっさり抜かれますがな…

その後、免許とって2日のゆっきーの超安全運転や、メットもきつそうなぢサンの豪快なスピンなどさまざまなネタはあったのですが、なんか「本気の方々」においしいところの大半はもっていかれた感じでした。

ホンキの方々の抜きあい

でも、3週で500円というお値段はかなりリーズナブルでとっても楽しめました(^^)。

ページ: 1 2 3

ホーム > 旅行記 | 特集 > “温泉にたっぷり浸かったついでにコンクールで歌ってくるか”旅行記

Feeds

Return to page top