ホーム > 旅行記 | 特集 > ”コンクールのついでに厚岸の牡蠣を喰いに行こうツアー”日記

”コンクールのついでに厚岸の牡蠣を喰いに行こうツアー”日記

プロローグ

事の発端は2002年秋。

「来年のコンクールは釧路か、遠いなぁ・・・」

「行くの大変だよね、どうする?」

「いや、でもやっぱ出ないわけにはいかんでしょ。」

「どうせ行くなら厚岸で牡蠣とか食べに行きたいよね。」

そんなわけで行っちゃいました、厚岸。

2003/10/4 (Sat)

6:20

集合時間を6:45に設定したのだが、思いのほか早くに札幌駅に到着。当然誰も来ていない。さみしい…

6:45

ほぼ全員が集合したが、N澤がいない。槇が電話。

「今、北9条くらい」

まぁ、順調に向かっているのかと安心したところ、ちゅうちゅうが誰かに電話している。

「あ、N澤?今どこ?」

今かけたばっかりだっつうの…ちなみに返事は

「北8条」

おぉ、ちょっと近づいてる。なんなら1分おきに皆で電話してやるか、と思ったが後が怖いのでやめる。

6:55

無事N澤も到着し、列車に乗り込む。9人なので座席は一人誰かがあぶれるなと思っていたら、オレかよ…

7:04

特急スーパーおおぞら1号発車

9:30頃

釧路沖地震の影響で帯広~池田間は特急不通。てなわけで帯広から代行バスに乗車。

バス内で今回のツアーのレク係ちゅうちゅう&しのが何か仕込んでる。

10:15

池田駅着。釧路行き臨時特急の発車は10:45。食料を求めてコンビニを探すが見つからない。歩き回ること10分、やっとあったよ、ローソンが。

10:45

釧路行き臨時特急発車

12:00頃

釧路駅到着。早速レンタカー屋へ。

 kushiro03_1.jpg

そこでおもむろにレク係ちゅうちゅう。

「はい、今回の行き先はサイコロで決めます」

おいおい、某北海道ローカル番組のパクリかよ。

で、最初の行き最候補は

  1. (ギャグ枠)宗男事務所
  2. 厚岸の牡蠣
  3. 厚岸の牡蠣
  4. 厚岸の牡蠣
  5. (公募枠)釧路湿原
  6. (ハズレ枠)ぱんちょう(帯広の豚丼屋!)それが嫌なら車で強化練習

 というわけでふってみました、サイコロ。

kushiro03_2.jpg 

結果は、見事「1」でした…(ヤラセなしです、マジで)

いや、幸先良すぎだよ、全く。ふったのはオレだけどさ

ついでにドライバーもサイコロで決定。しの&みのになりました。

お、この車(日産マーチ)ナビついてるよ。早速リモコンのスイッチを押すが、反応なし。「???」と思ってよく見てみると、

「ディスプレーは手で引き出してください」

あ、そうっすか。分かりました。

そんなこんなで、いよいよ最初の目的地、宗男事務所へGo!!

12:30頃

やってきました、宗男事務所。な~んだ、駅に近いじゃん。思ったよりも人が少ないなぁ、と、ちょっとコワそうな人が2人ほど事務所の中へ。怒られたらどうしよう、などとビクビクしながら各人カメラ(皆、ケータイです。時代ですなぁ)のシャッターを切る。

kushiro03_3.jpg

↑事務所前で皆でパチリ。ちなみに左下の青い物体は撮影者しげのヒザ。

撮影も終え再びサイコロ。今度は無事に「厚岸」の目が。一同、期待に胸を膨らませ車へ。おいおい、しの、飛ばしすぎだって…

13:40頃

厚岸到着。おりしもこの日から「厚岸牡蠣祭り」が開催されていた。早速牡蠣をはじめ海産物を食す。

kushiro03_4.jpg

↑身が大きいプリプリの牡蠣。おいしそう。

kushiro03_5.jpg

↑で、完食。たらふくいただいちゃいました。

う~ん、やっぱ本場の海産物は美味ですなぁ。でも実はそれに負けないくらい旨かったのが「鳥モモの網焼き」だったりして…皆でかぶりついちゃいました。お土産の牡蠣の燻製もなかなかgood(だったらしい、自分は買ってないから)。

さて、本日3回目のサイコロタイム。牡蠣祭りのお客さんの視線も物ともせずに転がした次の行き先は「釧路湿原」。そしてここでドライバー交替、指揮者&槇へ。

ページ: 1 2

ホーム > 旅行記 | 特集 > ”コンクールのついでに厚岸の牡蠣を喰いに行こうツアー”日記

Feeds

Return to page top